家庭的なブリーダーさんの子犬を販売

交配を考える方

 

知らないと怖い、交配の組み合わせ!

(猫編)
最近人気のスコティッシュホールド(猫)、
「お嫁さんを探して」など問い合わせ受ける事がよくあります。しかし、その時に是非気をつけていただきたいことがあります。

スコティッシュホールドは猫の中でも繁殖は難しい猫になるのですが、
人気の折れ耳同士の繁殖は、100%折れ耳が産まれます。(◎o◎;)

そこで、利益追求型の「業者」は折れ耳同士の繁殖をして、
人気の折れ耳のスコが産まれるように繁殖しているようです。

しかし、折れ耳同士の繁殖は、奇形が産まれる恐れがあります。
奇形とは、骨瑠癌、足の奇形、尾の奇形、内臓の奇形、心臓の奇形などです。

「悪徳業者」は子猫の奇形の分からない生後1ヶ月ぐらいでショツプに卸したり、
通販などでならば背骨の奇形など、わからないのでごまかして売るようです。
あまりにも酷い奇形はうまれてスグ ○○・・・・・(>_<)

外見の奇形は生後3ヶ月からならば、わかるかもしれませんが、
1~2ヶ月のころは分かりません。(-。-)(とても素人では)

スコティッシュホールドの交配は、
アメリカンショートヘアー、ブリティッシュホールドなどと組み合わせながら、
健康な子猫が産まれるように専門のブリーダーさん方は管理しています。

(犬編)
犬、猫全て、近親交配は避けなければなりませんが、
行っていけない交配のひとつに遺伝疾患のキャリアとの交配があります。

最近テレビでも取り上げられた、
ボーダーコリーのセロイド リポフスチン症もそのひとつです。
これは遺伝性の病気です。伝染性ではないが、致命的で治療することができません。

これも、交配の組み合わせを調べていれば大丈夫な事です。
血統書を確認してみれば確認できます。から必要以上に心配は不要です。

もしキャリアであっても交配の組み合わせで、
キャリア因子を消していく交配も可能です。

ボーダーコリーの繁殖を考えている方は、
この仕組み知らずに交配を考えてはいけません。

もちろん、
普段から勉強、情報交換しているブリーダーさん方なら、ちゃんと対応している事です。

この内容は、とても詳しく書いてあるホームページがありますので検索ください。
検索エンジンで、「ボーダーコーリー CL」と入力して検索してください
(直リンクお断りなっているページなので、お手数ですが_(._.)_)
遺伝性疾患!!
遺伝性疾患とはその名のとおり先祖から子孫へ遺伝する疾患です。
遺伝性疾患を避けるには疾患の発症のないもの同士を交配させていくことが重要となります。

しかし、
遺伝性疾患には厄介なことに、本動物に疾患の発症がなくても遺伝性の素因を持っていて、
子孫への疾患の運び屋になってしまうものが存在します。
そのため、素因を持つものも交配させない事がブリーダー段階で重要です。

遺伝性疾患でも、外見的なことは早い段階で判断できます。
(骨格や、目、耳、歯のかみ合わせなど)
又、
心臓などはワクチン接種の時の検査で心音を聞く事で発見される事もあります。
しかし,
動物がブリーダーからオーナーの手に渡った後で疑われる症状が発祥する事もあります。

ここでひとつ、
例えば、
遺伝性疾患として知られる症状に似た症状があった場合。

獣医さんの中には、親や先祖に疾患が有るかの確認もなしに、
「遺伝性疾患かもしれませんね、販売者に確認したほうがいいですよ」
と言われる方がいるようです。
※決して遺伝性疾患だとは言っていないのですが、
その様に言われれば飼い主の方は遺伝だと思い込んでしまいます。

遺伝かどうかは先祖の病歴を調べて初めて言えることです。
又、症状が遺伝で起きるものとはっきりされている症例はそんなに多くはありません。

ブリーダーの場合は、
「家の子は今まで、遺伝性疾患を持った子などいない!
獣医を変えて調べてもらったらどうか?」

遺伝性疾患についての対策としては、
交配は3代祖までさかのぼり遺伝的な病気を持つ、
親犬・猫では行わない事!
先祖に疾患がなければ、
子孫に当たる子に何らかの発症があっても、遺伝とは言いがたい。
(隔世遺伝の場合も考えられますが)

その様な話の中で一番困るのは飼い主の方と、ペットです。

ペットが将来どのような病気、怪我をするかなど、解る事ではありません。
まして、現在何か傷病を抱えているのならば、正しい治療が第一です。

購入前に大事な事は、
・遺伝性疾患を持った犬・猫での交配はしていない事!
健康な親同士から生まれた子犬・猫であること!
(※但し、極端な話、死にかけている親犬・猫で繁殖は普通しませんね)

・何らかの発症がない事の確認できる月齢でペットを迎える事!
(3ヶ月齢以降が望ましいのですが、未だ日本では多くの方が小さいうちに迎えたがる)

ブリーダー段階で行うべき事は、
・3代祖までさかのぼり、遺伝性疾患のない犬で交配させていく事です。
・常に計画繁殖と、組み合わせを調べて交配する事。
(それにはブリーダー同士がお互いの繁殖犬・猫について知り合っている事が大事)
もちろん、家庭規模のブリーダーならば可能で実���������ています。
(大量繁殖している繁殖屋の元ではできているところは少ないようです)

、現在JKどは繁犬のDNA登録をしています。
健康な犬は繁殖犬としては認められませんし、
遺伝性疾患は引き起こすような近親交配などは血統書に赤字で表記されます。

その様なことからも、
血統書の確認と、ブリーダーの繁殖の姿勢が大変重要です。

※猫も犬も血統書は大切です。
血統をみて交配や繁殖をおこなえば安全です。
血統書は近視交配などにならないように確認するためにも必要です。

お問い合わせ TEL 090-8302-7704 先ずはメールでお問い合わせください。
メールは24時間
電話受付10:00~18:00時
※番号非通知の電話には対応できません。

犬種子犬情報

  • facebook
  • twitter

【情報地域】

北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄 (子犬は価格より健康面と長く付き合える性格の子を選びましょう)
PAGETOP
Copyright © 子犬販売 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.