ビーグル子犬・ブリーダーの子犬販売

ビーグル子犬 My Yahoo!に追加

ホーム 子犬情報  よくある質問  知らないと怖い・・ 販売方法比較  子猫販売           問い合わせ  

ビーグル子犬

は安心・信頼・実績のブリーダー限定!

▲▲写真の届いているお勧め子犬▲▲
掲載している子犬は写真が届いている情報のみです。

写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
何故、小規模なブリーダーさんのビーグル?(o・ω・o)?
それは、
大規模な施設を持った繁殖場の場合は、効率重視、機械的な管理になってしまい、
1匹1匹の犬に接する気持ちは・・(-。-)

でも、
ビーグル専門の小規模なブリーダーさんは、1匹1匹、自分の目の届く範囲で、
子犬を親犬、兄弟と一緒に過ごさせ、ブリーダーさんがビーグルに愛情込め育ているからです!(=^ε^= )

本当にお勧めできるブリーダーの子犬しかご紹介しませんので、タイミングが合わず、
生まれていない場合は、ご紹介できない事や、出産予約をお勧めすることもあります。
 
写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
最近、ペットの通販サイトは
とても多くなっていますが、

いつでも沢山写真情報がある所は、
犬質や、犬舎の管理方法など
無視した情報の寄せ集めでは?

 安心信頼できる情報はそんなに
大量にはありません。

当店とブリーダーは、子犬と飼い主の方の幸せを願っていますので、
・家族の同意が取れていない方
 
いろんな所に問い合わせ、
・価格だけで探している方

・とりあえず犬舎や犬を見学して見たい観光気分の方

見学は個人のお宅を訪問する事なのに
・礼儀のない方

電話、メールに対し回答を頂けず
・無駄な手間を掛けさせられる方

 上記のような方のお問い合わせは
お断りします!

 子犬探しは、これから15年前後も共に暮らすパートナー探しです。
 大事なことは安心できるブリーダーの子犬を迎えることです。

 どこで探しても同じと考えている方は、どうぞ他でお探しください。

 当店もブリーダーも多忙の為、
お断りしたい方の対応に、
仕事や家事の時間は割けません!

当サイトの内容は一通りご一読の上、お問い合わせください!

他店で探す方は⇒人気サイトランキング
ビーグルの
家庭的なブリーダーさんとは言っても・・
当店のお付き合いているブリーダーさんは
自営業(自宅&事務所&犬舎)の方が多く

ビーグルの
お世話と管理+家事又は本業で忙しい毎日です。
ビーグル子犬の出産時には
徹夜も毎度のこと、家族総出で頑張ります。

 でも、
残念なのは、他の大量繁殖ほどの人手がありませんから、
豆に、写真を撮って送って頂くことが苦手な方や
”面倒くさい”というブリーダーさんも
(´。`)

ブリーダーさんは子犬が産まれていても、
あまり商売熱心ではありません。

「ビーグルの子犬は口コミで販売できるからいい」
「ビーグルの子犬は売れ残ったらうちで飼うからいい」
「ビーグルのメスは繁殖の為残す」
「今回のビーグルの子犬は大会で賞を狙わせよう」

などなど、 
誰でもいいから買ってって!なんて感じではありません。
 
しかし、
自慢のビーグルですから、
少しでも多くの方に自分のビーグルを知ってもらいたい!

だから、
ビーグルを愛し、大事に育ててくれる方は大歓迎!です。
ぶっきらぼうで話しずらいブリーダーさんも、

自分の犬舎の
ビーグルのことになると

自慢話や、ブリーダーさんのビーグルに対する
ポリシー、ビーグルの目利き、子犬の育て方まで、
ビーグルの講義、熱弁をふるってくれたりします。(゜o゜)

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2012年1月3日 (火) 10:30 )

ビーグル

ビーグル(Beagle)は犬種の一つ。嗅覚ハウンドに属す。ローマ時代から存在し古代フランス語で「開いた喉」に由来。古来よりウサギ狩りを業としてきた。その啼き声から「森の鈴」、「森のトランペッター」、「草原の声楽隊」、など、愛称が多い。 個体差が他の犬種に比べ比較的小さいため、研究所などで実験動物犬としても飼育されている(中外製薬は1970年代にイメージキャラクターにしていた)。 また、優れた嗅覚を活かし、オーストラリアや日本の成田空港などで「検疫探知犬」として、持ち込み禁止の食品や物品を嗅ぎ分ける「ワーキングドッグ」としても活躍している。 有名なキャラクタースヌーピーのモデルでもある。


ウサギ狩りに使われた歴史 :

ビーグルはイギリスのスポーツ、ウサギ狩猟に用いられていた。人々はホルンの音を使ってビーグルに指示を出していた。ウサギはビーグルの目を惑わすために岩から岩へと跳ねうつったり、急に方向をかえたり上手に逃げ回る。それをビーグルたちはよく通る高い声で仲間たちと連絡を取り合い、ウサギたちを追いつめていく。
ビーグルは足は他の犬種に比べると決して速くはないが、豊富な体力と獲物を追いながら延々鳴き続ける「追い鳴き」と呼ばれる習性を持つ為、日本においては猪猟の勢子犬などに起用されることもある。
犬種の概要 :

原産国…イギリス
毛色…トライカラー、レッドアンドホワイト(チョコレートやブルーなどの毛色は望ましくない)
サイズ…日本では15インチ以下のサイズが認められる。今後、16インチ以下へのサイズの変更が検討されている。アメリカでは、15インチ以下、13インチ以下の2種に分けられることが多い。イギリスでは16インチ以下とされている。耳は平均18cm。
用途…猟犬、最近では家庭犬としての改良がなされている。


飼育特性 :

活発・やんちゃ・遊び好き・食欲旺盛。
寂しがり、長時間の留守番には向かない。
頑健で病気しらず、攻撃性が低い。


飼育上の注意 :

散歩のときはリードを忘れずに。
ふだんから呼び戻しもしっかり教えておくこと。
肥満はヘルニアなど各種の疾病を誘発するので注意が必要。
何でも口に放り込む習性があるので、注意が必要。
メスはオスに比べて特に食べ物に貪欲なので、太りやすい。
運動量がかなり必要なので、あまり散歩にいけない人には不向きである。
人間には従順であるが反面頑固であるため、拒否反応を示している場合は強制しないこと。
身体の割に声のボリュームが非常に大きい。無駄吠えしないようしつけも必要。
耳が垂れている他の犬種同様に蒸れて、外耳炎になりやすい。耳の手入れもこまめに。
躾けの際には、かなり根気よく躾ける必要がある。

(^◇^)ありがとうございます。お客様のお便り空港 、ご自宅で
子犬・シーズー鈴木様子犬・ビーグル佐々木様子犬・マルチーズ三橋様子猫・アメショー富永様子犬・ゴールデン宮地様
当店でご購入いただく子犬・子猫には信頼と実績があるから
わんこ通信”
「信頼造り」を最重視!健康でかわいい子犬子猫を迎えてください。
応援者の皆様!温かいご支援、心より感謝いたします!!
安心の健保・健康補償
豆柴研究所?
購入のステップ
当店の特徴
極小・子犬希望の方
子犬の値引き・ローン

子犬の選び方
子犬を迎る前に!
子犬を迎えた日!
空港貨物・子犬の受取

お客様の声
我が家のアイドル
ブリーダーさん募集

お役立ちリンク集
 
【お届け地域】
 北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
ホーム 問い合わせ 子犬情報 通販規約 個人情報保護 犬の飼い方 お役立ちリンク
opyright(c)2004-2009 Human Interface Animal System Co.,Ltd. All Rights Reserved.