四国犬子犬・ブリーダーの子犬販売

四国犬子犬 My Yahoo!に追加

ホーム 子犬情報  よくある質問  知らないと怖い・・ 販売方法比較  子猫販売           問い合わせ  

四国犬子犬

は安心・信頼・実績のブリーダー限定!

▲▲写真の届いているお勧め子犬▲▲
掲載している子犬は写真が届いている情報のみです。

写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
何故、小規模なブリーダーさんの四国犬?(o・ω・o)?
それは、
大規模な施設を持った繁殖場の場合は、効率重視、機械的な管理になってしまい、
1匹1匹の犬に接する気持ちは・・(-。-)

でも、
四国犬専門の小規模なブリーダーさんは、1匹1匹、自分の目の届く範囲で、
子犬を親犬、兄弟と一緒に過ごさせ、ブリーダーさんが四国犬に愛情込め育ているからです!(=^ε^= )

本当にお勧めできるブリーダーの子犬しかご紹介しませんので、タイミングが合わず、
生まれていない場合は、ご紹介できない事や、出産予約をお勧めすることもあります。
 
写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
最近、ペットの通販サイトは
とても多くなっていますが、

いつでも沢山写真情報がある所は、
犬質や、犬舎の管理方法など
無視した情報の寄せ集めでは?

 安心信頼できる情報はそんなに
大量にはありません。

当店とブリーダーは、子犬と飼い主の方の幸せを願っていますので、
・家族の同意が取れていない方
 
いろんな所に問い合わせ、
・価格だけで探している方

・とりあえず犬舎や犬を見学して見たい観光気分の方

見学は個人のお宅を訪問する事なのに
・礼儀のない方

電話、メールに対し回答を頂けず
・無駄な手間を掛けさせられる方

 上記のような方のお問い合わせは
お断りします!

 子犬探しは、これから15年前後も共に暮らすパートナー探しです。
 大事なことは安心できるブリーダーの子犬を迎えることです。

 どこで探しても同じと考えている方は、どうぞ他でお探しください。

 当店もブリーダーも多忙の為、
お断りしたい方の対応に、
仕事や家事の時間は割けません!

当サイトの内容は一通りご一読の上、お問い合わせください!

他店で探す方は⇒人気サイトランキング
四国犬の
家庭的なブリーダーさんとは言っても・・
当店のお付き合いしているブリーダーさんは
自営業(自宅事務所&犬舎)の方が多く

四国犬の
お世話と管理+家事又は本業で忙しい毎日です。
四国犬子犬の出産時には
徹夜も毎度のこと、家族総出で頑張ります。

 でも、
残念なのは、他の大量繁殖ほどの人手がありませんから、
豆に、写真を撮って送って頂くことが苦手な方や
”面倒くさい”というブリーダーさんも
(´。`)

ブリーダーさんは子犬が産まれていても、
あまり商売熱心ではありません。

「四国犬の子犬は口コミで販売できるからいい」
「四国犬の子犬は売れ残ったらうちで飼うからいい」
「四国犬のメスは繁殖の為残す」
「今回の四国犬の子犬は大会で賞を狙わせよう」

などなど、 
誰でもいいから買ってって!なんて感じではありません。
 
しかし、
自慢の四国犬ですから、
少しでも多くの方に自分の四国犬を知ってもらいたい!

だから、
四国犬を愛し、大事に育ててくれる方は大歓迎!です。
ぶっきらぼうで話しずらいブリーダーさんも、

自分の犬舎の
四国犬のことになると

自慢話や、ブリーダーさんの四国犬に対する
ポリシー、四国犬の目利き、子犬の育て方まで、
四国犬の講義、熱弁をふるってくれたりします。(゜o゜)

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年11月23日 (水) 19:28

四国犬

四国犬(しこくけん)は四国地方(主に高知県)原産の中型の犬の品種。日本犬の一種である。かつては土佐犬(とさけん・とさいぬ)と呼ばれたが、同様の呼称を持つ土佐闘犬とは別品種。「土佐犬」の名で国の天然記念物に指定されている。

特性 :

古来より「土佐犬」と呼ばれていた中型の犬である。土佐闘犬との混同をさけるために、四国犬と改称された。
本来の作出目的は、四国山地周辺の山村における鹿や猪等の狩猟およびそれに伴う諸作業。山地での激しい狩りにも耐えうる体力・持久力がある。温暖湿潤気候に強い。体格は柴犬より大柄[1]。
主人には異常なまでに忠実だが、よそ者には警戒するため、番犬に適する。よそ者にはふとしたことでも噛みついたりと非常に攻撃的なため、散歩中などは注意が必要である。
1937年(昭和12年)6月15日に文部省(現・文部科学省)により、天然記念物に指定された。
もともとこの犬種は本川系、幡多系、安芸系と呼ばれる地域特性があった。しかし、安芸系は衰退し残る本川系と幡多系は混血が進み、地域特性は無くなりつつある。
ニホンオオカミ目撃情報における混乱 :

四国犬は日本犬の中で最も素朴な風貌と評される事もあるように、猟犬としてニホンオオカミと交配させたとの伝承もあり、外見が似ているとしばしば言われる。しかし、それ故にニホンオオカミの目撃情報の際、見間違いの候補として挙げられやすい犬種でもある。代表的なものが2000年7月8日の九州中部の山地での目撃情報である[2][3]。
これは、当時福岡県立小倉西高等学校校長であった西田智がニホンオオカミに酷似した動物と遭遇し、その写真撮影に成功したものである。写真を鑑定した元国立科学博物館動物研究部長の今泉吉典は「ニホンオオカミと見られる」とコメントしたが、東京農工大学教授・日本オオカミ協会会長の丸山直樹をはじめ、ニホンオオカミであることに否定的な学者も多かった。
その後、2001年3月に大分県の山小屋に「平成12年7月8日、この場所において、ニホンオオカミに、間違われて撮影され、お騒がせしたのは純血の四国犬です。関係各方面、マスコミの皆様御迷惑掛けて、誠に申し分け有りませんでした。事情が有って放犬しました」との謝罪文が書かれた張り紙が発見された [4]。
しかしこの紙を張り出した人物は発見されておらず、また撮影された動物は頭部こそ四国犬と似ている点があるものの、四肢や胴の長さの特徴は明らかに四国犬では無いとの指摘もあり、張り紙は悪質ないたずらとする意見もある(ちなみに、この張り紙がなされる一か月前にはテレビ朝日「たけしの万物創世紀」がそれまで未公表であった撮影場所を公表してしまっており、それを観た者による仕業ではないかとする意見もある[5])。
事の顛末は、西田智の著書『ニホンオオカミは生きている』(二見書房、2007年)に詳しい

(^◇^)ありがとうございます。お客様のお便り空港 、ご自宅で
子犬・シーズー鈴木様子犬・四国犬佐々木様子犬・四国犬三橋様子猫・アメショー富永様子犬・ゴールデン宮地様
当店でご購入いただく子犬・子猫には信頼と実績があるから
わんこ通信”
「信頼造り」を最重視!健康でかわいい子犬子猫を迎えてください。
応援者の皆様!温かいご支援、心より感謝いたします!!
安心の健保・健康補償
豆柴研究所?
購入のステップ
当店の特徴
極小・子犬希望の方
子犬の値引き・ローン

子犬の選び方
子犬を迎る前に!
子犬を迎えた日!
空港貨物・子犬の受取

お客様の声
我が家のアイドル
ブリーダーさん募集

お役立ちリンク集
 
【お届け地域】
 北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
ホーム 問い合わせ 子犬情報 通販規約 個人情報保護 犬の飼い方 お役立ちリンク
opyright(c)2004-2009 Human Interface Animal System Co.,Ltd. All Rights Reserved.