シェルティー子犬・ブリーダーの子犬販売

シェルティー子犬 My Yahoo!に追加

ホーム 子犬情報  よくある質問  知らないと怖い・・ 販売方法比較  子猫販売           問い合わせ  

シェルティー子犬

は安心・信頼・実績のブリーダー限定!

▲▲写真の届いているお勧め子犬▲▲
掲載している子犬は写真が届いている情報のみです。

写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
何故、小規模なブリーダーさんのシェルティー?(o・ω・o)?
それは、
大規模な施設を持った繁殖場の場合は、効率重視、機械的な管理になってしまい、
1匹1匹の犬に接する気持ちは・・(-。-)

でも、
シェルティー専門の小規模なブリーダーさんは、1匹1匹、自分の目の届く範囲で、
子犬を親犬、兄弟と一緒に過ごさせ、ブリーダーさんがシェルティーに愛情込め育ているからです!(=^ε^= )

本当にお勧めできるブリーダーの子犬しかご紹介しませんので、タイミングが合わず、
生まれていない場合は、ご紹介できない事や、出産予約をお勧めすることもあります。
 
写真の届いていない子犬情報⇒子犬・問い合わせ 他店で探す方は→人気サイトランキング
最近、ペットの通販サイトは
とても多くなっていますが、

いつでも沢山写真情報がある所は、
犬質や、犬舎の管理方法など
無視した情報の寄せ集めでは?

 安心信頼できる情報はそんなに
大量にはありません。

当店とブリーダーは、子犬と飼い主の方の幸せを願っていますので、
・家族の同意が取れていない方
 
いろんな所に問い合わせ、
・価格だけで探している方

・とりあえず犬舎や犬を見学して見たい観光気分の方

見学は個人のお宅を訪問する事なのに
・礼儀のない方

電話、メールに対し回答を頂けず
・無駄な手間を掛けさせられる方

 上記のような方のお問い合わせは
お断りします!

 子犬探しは、これから15年前後も共に暮らすパートナー探しです。
 大事なことは安心できるブリーダーの子犬を迎えることです。

 どこで探しても同じと考えている方は、どうぞ他でお探しください。

 当店もブリーダーも多忙の為、
お断りしたい方の対応に、
仕事や家事の時間は割けません!

当サイトの内容は一通りご一読の上、お問い合わせください!

他店で探す方は⇒人気サイトランキング
シェルティーの
家庭的なブリーダーさんとは言っても・・
当店のお付き合いしているブリーダーさんは
自営業(自宅&事務所&犬舎)の方が多く

シェルティーの
お世話と管理+家事又は本業で忙しい毎日です。
シェルティー子犬の出産時には
徹夜も毎度のこと、家族総出で頑張ります。

 でも、
残念なのは、他の大量繁殖ほどの人手がありませんから、
豆に、写真を撮って送って頂くことが苦手な方や
”面倒くさい”というブリーダーさんも
(´。`)

ブリーダーさんは子犬が産まれていても、
あまり商売熱心ではありません。

「シェルティーの子犬は口コミで販売できるからいい」
「シェルティーの子犬は売れ残ったらうちで飼うからいい」
「シェルティーのメスは繁殖の為残す」
「今回のシェルティーの子犬は大会で賞を狙わせよう」

などなど、 
誰でもいいから買ってって!なんて感じではありません。
 
しかし、
自慢のシェルティーですから、
少しでも多くの方に自分のシェルティーを知ってもらいたい!

だから、
シェルティーを愛し、大事に育ててくれる方は大歓迎!です。
ぶっきらぼうで話しずらいブリーダーさんも、

自分の犬舎の
シェルティーのことになると

自慢話や、ブリーダーさんのシェルティーに対する
ポリシー、シェルティーの目利き、子犬の育て方まで、
シェルティーの講義、熱弁をふるってくれたりします。(゜o゜)

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2011年11月2日 (水) 13:14 )

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ (Shetland Sheepdog) は、スコットランドのシェトランド諸島を原産地とする犬の品種のひとつ。コリーとよく似た外観を持つが、より小型である。シェルティー(Sheltie) の愛称で呼ばれる。

歴史 :
その歴史はきわめて古く、そのままスコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵するもので、同じくスコットランド地方の牧羊犬であるラフ・コリーやボーダー・コリーとその起源を共有すると考えられている。気候条件が厳しく、荒涼としたシェトランド諸島は、牧草地として有効な土地が限られており、飼料が不足する環境では家畜が小型化するのは必然であった。その結果、羊は、スコットランド産の半分の大きさとなっている。シェットランド・シープドッグも環境に適応して小型化したか、あるいは小型の家畜に対応して小型化したと考えられている。人口が少なく放牧地と農耕地を隔てる柵が少なかったこの島では、家畜の動きを管理する熟練の牧畜犬の存在が不可欠であった。管理していた家畜は、羊だけでなく、牛、豚、ニワトリなど多岐にわたり、万能犬として重宝されていた。一説によれば、スコットランドのボーダー・コリーと同じ祖先を持つ犬のうち小型のものがこの土地に適応し、この地がヴァイキングの支配下にあった時代に、彼らがスカンジナビア地方から持ち込んだサモエドなどのスピッツ系の血が配合されたものが原型であるとされる。19世紀の終わり頃、イギリス海軍の艦隊が演習のためにこの島を訪れるようになると、これらの子犬が盛んにイギリス本土に持ち込まれるようになった。この犬がイギリスに紹介された時には、スパニエルの影響を感じさせる犬であり、これにラフ・コリーなどを交配させながら大型化しないように作出されたものが現在のシェットランド・シープドッグである。また、キング・チャールズ・スパニエルやポメラニアンの血が入っているとも考えられている。当初はシェットランド・コリーという名称が一般化し、1909年にイギリスのケネルクラブがこの名称で公認するが、コリーのブリーダー団体からの抗議を受け、数年後に現在の名称に変更された。その名に反して、現在では牧羊犬としては非主流となっており、その性質からもっぱら家庭犬として、世界中で愛好されている。

 

特徴 :
体長が体高よりやや長く、牧羊犬に必要な抜群の敏捷性とスピード、忍耐力を兼ね備えている。温和でやさしい表情からは、聡明さと警戒心の強さがうかがえる。スタンダードでは小型のコリーという位置づけがあり、サイズは最も重視される要素となっている。ジャパンケネルクラブでは理想体高をオス37センチメートル、メス35.5センチメートルとしている。体重は、オス・メスともに10キログラム前後となる。体つきは筋肉質で、よく張った胸と引き締まった腹部を持ち、アウトラインは均整がとれている。頭部は上または横から見て長く、滑らかなくさび状に耳から鼻にかけて次第に細くなっている。顔つきも一見するとコリーと似ているが、頭部に対するマズルの割合は、長さ・太さともにコリーよりもコンパクトなものになっている。比較的大きく立った耳は、耳先が前方に折り曲がったものが理想的とされ、故意に矯正する場合がある。被毛は、粗くて長い上毛と柔らかくて密生した下毛のダブルコートで、首まわりから胸にかけての飾り毛は最大の特徴となっており、メスに比べてオスの方が豊かである。毛色は、黒、ブルーマール、セーブルを基調として、白およびタンが配色される。性格は、非常に快活で、感受性が強く、人とたわむれることを好む。もともと牧羊犬ということだけあって大変賢く、従順で訓練性に優れており、責任感も強い。家畜を守る仕事をしていたため、警戒心が強く、比較的よく吠える。また、小型ゆえにコリーよりも神経質である。甲状腺機能低下症にかかりやすい。

(^◇^)ありがとうございます。お客様のお便り空港 、ご自宅で
子犬・シェルティー鈴木様子犬・シェルティー佐々木様子犬・シェルティー三橋様子猫・アメショー富永様子犬・ゴールデン宮地様
当店でご購入いただく子犬・子猫には信頼と実績があるから
わんこ通信”
「信頼造り」を最重視!健康でかわいい子犬子猫を迎えてください。
応援者の皆様!温かいご支援、心より感謝いたします!!
安心の健保・健康補償
豆柴研究所?
購入のステップ
当店の特徴
極小・子犬希望の方
子犬の値引き・ローン

子犬の選び方
子犬を迎る前に!
子犬を迎えた日!
空港貨物・子犬の受取

お客様の声
我が家のアイドル
ブリーダーさん募集

お役立ちリンク集
 
【お届け地域】
 北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
ホーム 問い合わせ 子犬情報 通販規約 個人情報保護 犬の飼い方 お役立ちリンク
opyright(c)2004-2009 Human Interface Animal System Co.,Ltd. All Rights Reserved.