家庭的なキャッテリー、ブリーダーさんの子猫

必要な用品

  • HOME »
  • 必要な用品

◆必要な子猫のための用品◆

子猫を迎えて一緒に暮らすためには、さまざまなグッズが必要です。
身近にあるもので代用できるものもありますが、子猫が来てから慌てることがないように、
最低限必要なものはきちんと揃えておきましょう。

<最初から用意するもの>
●フード猫のフードはた総合栄養食、いわゆるキャットフードが一番優れていて安全です。 
成長段階ごとにいろんなタイプのフードがあります。
市販されているフードには4つのタイプがあります。

1.ドライフード製品水分10%程度以下のフード。
  加熱発泡処理された固形状のものがほとんどです。
  栄養のバランスや保存性に優れ、価格も手ごろです。
  また、歯に歯石がつきにくく、安心して与えられます。

2.ソフトドライフード製品水分25~35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。
  水分保持のために湿潤調整剤を使用します。
  ドライフードと同様、栄養のバランスも優れています。

3.セミモイストフード製品水分25~35%程度のフードで、押し出し機などで製造され、
  発泡処理をしていないものです。水分保持のために湿潤調整剤を使用します。
  ドライフードと同様、栄養のバランスも優れています。

4.ウェットフード製品水分75%程度のフード。
  品質保持のために殺菌工程を経て、密封容器に充填します。
  密封容器には、缶詰、アルミトレーやレトルトパウチ等が使用されます。
  このタイプは水分が多く含まれているので、猫の摂取する栄養分は見た目よりも
  ずっと少ないことに注意して下さい。
  栄養補助食品と一緒に与えて栄養分をカバーする必要があります。

●水飲み用とフード用の食器水飲み用とフード用の食器は分けて準備してください。
食器は、ペットショップなどで数多くの種類が販売されていますが、
食べているときにずれないよう、軽すぎず、安定性のある底にゴム加工されているものや
ある程度の重さがある物がおすすめです。
ステンレス製のものが手入れもしやすく衛生的です。
陶器の食器も汚れもすぐに落ちて、重さもあるので使いやすいでしょう。
子猫の間は、市販の食器では大きすぎる場合があるので、
人間用の浅いお皿などで代用するのも良いと思います。

●トイレ
<トイレ容器>猫砂などを入れるトイレの容器がまず必要です。
ある程度の大きさがあれば、成猫になっても長く使えます。
ード付きのものや、おまるの形をしたもの、
自動で処理をしてくれる電動式の高価なものまで、いろいろあります。
ただし子猫の場合、サイズが大きくてトイレの中に入るのが一苦労では、
用を足せない場合があるので浅い箱のようなものに、
砂や新聞紙などを入れて入りやすくする工夫が必要な場合もあります。

<猫砂など>トレイの中に敷き詰めるに固まる砂などのことです。
一般的なのは砂タイプですが、木くずタイプ、シーツ・パッドを利用した物、
排泄物のにおいを吸収するようなタイプのものなど、多くの種類が市販されていますので、
それぞれの特徴をよく理解して、住環境に合わせて選択しましょう。
また、トイレの底に新聞紙を厚めに敷き、その上に、短冊状に細かくちぎった
新聞紙をふかふかになるように入れれば猫砂の代用品となります。

●猫用ベッド小型のケージやサークル、ペット用ベッドで代用する場合もあります。
猫が落ち着ける自分の部屋のようなものであれば、
ダンボールや脱衣カゴに毛布などを敷いて作ってもOKです。
タオルはツメが引っかかりやすいので、毛布など目の細かい物のほうが良いでしょう。
夏場は通気性の良いコットンなどを使用すると快適に過ごすことができます。
これらはこまめに洗濯して、清潔な状態を作ってあげてください。
ベッドの置き場所は人の出入りが少ない部屋の角など、静かで薄暗いところが適しています。
すきま風が入り込むような寒い場所は避けます。
ただし、猫用ベッドの場所を決めても、猫は好きなところで寝ます。
落ち着ける場所の一つ」として、考えて設置した方が良さそうです。

●爪研ぎ布製、ダンボール製、縄を巻いたものなど、いろんなタイプの爪研ぎ器が市販されているので、
試してみて、愛猫がもっとも好むものを探して下さい。
手作りをするのであれば、カーペットの切れ端を利用したものや
コルクの鍋敷きなどで代用することもできます。
大きさの目安は、猫が上にゆったりと乗れるぐらいです。大きい分にはあまり問題はありませんが、
小さすぎる物や安定感がなく、爪を研ぐときに動いてしまうようなものは不向きです。
爪研ぎ器で爪を研ぐようにしつけをしておけば家具などを傷つけられる心配を軽減できます。

●キャリーバッグ猫を動物病院に連れて行ったり、
猫と外出したりする時のためにキャリーを用意しましょう。
抱いて連れ出すと腕の間をすり抜けて脱走したり、迷子になってしまったり、
他の人の迷惑となってしまったりします。
キャリーバッグは、通気性がよくって、扉の開閉部分がしっかりしていて
猫を外に出しやすい形状のもの、掃除のしやすいものを選ぶと良いでしょう。
外から中が見えにくいつくりの方が猫は安心できます。

●おもちゃ。子猫はとにかく、よく遊びます。
猫は動くものが大好きで、毛糸玉や、起き上がりこぼしなどがあると、いつまでも喜んで遊んでいます。
わざわざ購入する必要はありませんが、飽きっぽい猫のために多くの種類を与えて遊ばせるのが良いでしょう。
猫が爪を立てたりかじったりしても安全なおもちゃを用意してあげましょう。

●猫草毛玉を吐き戻したり、胸焼けを治したりするために、新鮮な猫草を用意してあげましょう。
ただし、植物によっては猫が中毒を起こし危険な物もありますので、
市販のものを利用するのが安心です。
自分で種を買ってきて、育ててもよいですし、一鉢300円くらいのものもあります。
特に完全室内で育てる場合は必需品となります。

●お手入れ用品
<ブラシ、コーム>日々のお手入れをする道具です。
猫を清潔に保ち、毛玉症予防のためにもブラシやコームによる毎日のお手入れが必要です。
くしは金属製で歯の先端が丸くなっている目の細かいものを、ブラシはやわらかな豚毛か、
ゴム製のものが良いでしょう。
猫は半年に一度、夏毛と冬毛が生え替わる抜け毛の時期があります。
この時期もきちんと手入れをしてあげれば毛がほつれたり、毛玉ができたりすることを防げます。

<爪切り>猫の爪が伸びすぎていたら、爪切りでお手入れして上げましょう。
カーテンなどの布に爪を引っかけて取れてしまう事故が発生する可能性があります。
人間用の爪切りでも急場はしのげますが、専用の爪切りを購入されることをオススメします。
猫の爪と人間の爪とは構造が全く違います。上手に切らないと爪が剥がれてしまったり、
爪割れをおこしてしまったりします。

●ロールクリーナー猫のためと言うよりも、人間が掃除するために便利なものです。
ソファや布団、衣服に付いた毛を取り除くために重宝します。

●消臭スプレー最近は特に強力なもの、消臭だけでなく除菌もできるタイプのものが市販されていて便利。

●タオル猫専用のタオルを用意しましょう。

●雑巾猫専用の雑巾を用意しておきましょう。トイレの掃除などには必要な物です。

●季節のグッズあまり過保護にしすぎるのは良いことではありませんが、
暑すぎたり寒すぎたりする部屋では季節に応じた対策が必要です。
また、体力のない子猫や病気がちな猫、高齢の猫は室環境を整えてあげることが大切です。

お問い合わせ TEL 03-3755-1524 10:00~18:00時
メールは24時間

子猫情報

個人輸入アフェリエイト

猫種の特徴

【情報地域】

北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.