家庭的なキャッテリー、ブリーダーさんの子猫

部屋のレイアウト

  • HOME »
  • 部屋のレイアウト

猫が来るからには、安全で安心して猫と暮らせる室内の環境づくりが欠かせません。
人が猫に遠慮する必要はありませんが、基本的な部屋の環境づくりはやってあげてください。

●猫の運動スペース室内飼い=運動不足になる、は間違いです。
元々猫は広い縄張りを持つ動物ではありません。
家の中だけでも十分に運動量を確保することができます。
猫の祖先は、森林で暮らしていたと言われています。
したがって、高い場所に上ったり、下りたりすることが大好きです。
この上下の運動が大切です。
室内を工夫して、段差や足場を作ってあげましょう。
市販されているキャットタワーなども、猫にとっては良い運動場所になります。

●トイレ猫は、本能的に排泄時に見られることを嫌いますので、
猫用トイレは人の出入りが激しい場所などは避けて、
洗面所などに置くのが掃除の面などからも良いでしょう。
猫に食事をさせる場所の近くに置くのは良くありません。
また、猫は変化を嫌うため、一度トイレの設置場所を決めたら、
可能な限り動かさないでおくべきです。

●爪とぎ猫にとって、爪とぎは色々な意味を持っています。
「薄い層になっている猫の爪の古い爪をはがして、
新しい爪を出して常に爪を鋭利な状態にしている 」、
「足の裏から出ている臭いをつけて縄張りを示すマーキング」、「
体のストレッチやストレス解消」などの意味があり、非常に重要です。
布製、ダンボール製、縄を巻いたものなど、いろんなタイプの爪研ぎ器が市販されているので、
試してみて、愛猫がもっとも好むものを探して下さい。
爪とぎをさせたくない場所には、ビニールシートやベニヤ板などでカバーしたり、
場所を移動しましょう。
また、猫が嫌がる臭い(柑橘系、ミント系、メンソール系など)のスプレーなどを、
吹きかけておくのも効果的なようです。

●危険の防止
<ベランダ、窓>猫が誤って、ベランダから転落するという事故は少なくありません。
普段からベランダには出さないようにするほうが賢明です。
もし、日光浴などの理由で出す場合は、防護柵や防護ネットなどで対策を。
窓からの転落も気をつけたいところです。窓を開けても、網戸は閉めておくと効果的です。
ただし 猫は網戸程度なら器用に開けてしまいますから、
開けられないようなストッパーを付ける工夫をしてください。

<ストーブ、コンロ、電気コードなど>コンロなどの周りは近づかないようにガードを取り付けたり、
コードもかじると感電の危険があるので、テープを巻いたり、
市販の保護カバーを取り付けて保護しましょう。

<風呂場、トイレ、洗濯機、など>風呂場の水に近づいて、転落しておぼれてしまうという事故があります。
浴室へのドアは必ず閉めておくようにしましょう。
トイレも同様です。子猫の場合はトイレでもおぼれる可能性がありますので注意が必要です。
洗濯機も中に落ちたら成猫でも這い上がるのは難しいので、大変危険です。
洗濯中や、水が張っている状態のときは、必ずふたを閉める習慣をつけましょう。

お問い合わせ TEL 03-3755-1524 10:00~18:00時
メールは24時間

子猫情報

個人輸入アフェリエイト

猫種の特徴

【情報地域】

北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.