家庭的なキャッテリー、ブリーダーさんの子猫

猫のワクチン

  • HOME »
  • 猫のワクチン

◆猫のワクチンの種類
猫のワクチンの種類ですが基本は、3種混合です。
3種混合ワクチン:ウィルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス、猫伝染性腸炎
3種混合以外(必要に応じて接種):猫白血病、猫クラミジア
現在日本で接種可能なワクチンは全部で7つです。室内飼育であっても、
飼い主自身がウイルスを持ち込んでし まう可能性もありますし、
万一脱走してしまったときに野良猫と接触し感染することもあります。
どの感染症も一度かかってしまうと厄介なものばかりで、
慢性的な症状や死に至らしめる恐ろしいものです。
特に抵抗力の弱い子猫が感染すると命取りとなってしまうこともあります。

◆ワクチンの接種時期
1回目は生後50日あたりに接種します。
母猫から母乳を通じてもらった免疫が子猫の体内に残っている場合、
ワクチンが効かないことがあるので、念のため、1回目を接種した4週後に2回目を行います。
その後、成猫は、1年に1回のワクチン接種をします。

◆ワクチンの価格
動物病院によって金額はさまざまですが、3種混合ワクチンの金額はだいたい、
5,000〜6,000円くらいです。
ワクチン接種後稀にアレルギー反応を起こすことがありますから、
できるだけ午前中に接種しましょう。

◆ワクチンを接種していれば絶対に安心?
ワクチンとは毒性を弱めたウイルスそのものを体内に入れ、
自身の体内で免疫を作らせることにより、
同様のウイルスが再び侵入して来ても発症しないで済むというしくみです。
免疫を作る能力は個体によりさまざまですから、うまく免疫ができていない場合は、
再び感染したときに発症してしまう猫もいます。

お問い合わせ TEL 03-3755-1524 10:00~18:00時
メールは24時間

子猫情報

個人輸入アフェリエイト

猫種の特徴

【情報地域】

北海道/青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/長野/新潟/岐阜/静岡/愛知/三重/富山/石川/福井/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.