Chromeのプラグイン
ファイヤーフォックスのプラグイン
となりますので、各ブラウザの追加機能です。

携帯電話を持っていない以上、昔ながらのエミュレーター( Emulator )を利用するしかありません。 iPhone のエミュレーターが存在するのか確認したところ、Adobe AIR をインストールして、さらに、AIR iPhone をインストールすると利用できました。

 


まずは、Adobe AIR を 公式サイト からダウンロードして、デスクトップに保存します。デスクトップにダウンロードした「AdobeAIRInstaller.exe」をダブルクリックして、インストールを実行します。

 


次に、AIR iPhone をダウンロードします。 The AIR iPhone にダウンロードリンクが存在しており、それをクリックするとデスクトップに「AIR iPhone.air」をダウンロードできます。これをダブルクリックします。

 


インストールウィザードが起動します。「インストール」ボタンを左クリックします。

 


「続行」ボタンを左クリックします。

 


インストール中です。

 


インストールが完了すると、デスクトップに「Desktop iPhone」のアイコンが作成されます。これをダブルクリックすると、AIR iPhone を起動できます。

 


ここで気がつきましたが、iPhone を使った事が無いので、操作が分からないです。 とりあえず、ホームページを確認するまでの作業は、「slide to unlock」の矢印ボタンを左にドラッグアンドドロップで移動することでロックを解除できます。

 


次に、WEB アイコンをクリックします。

 


ブラウザが起動するので、確認したいサイトのアドレスを入力して「Enter」キーを押します。 右上の矢印をクリックすると、iPhone を横に変更でき、横状態から左上の矢印をクリックすると、再び縦表示に戻ります。

 


AIR iPhone で上手く表示されていますが、果たしてこれが実物の iPhone でも同じであるかは不明です。まず、iPhone 用のページを作成するためには、 Apple Developer Connection を参照した方が良いでしょう。

ちなみに、このサイトは IE 8 で表示すると警告が表示され、正しく表示する事ができません。Firefox や Safari なら警告無しで参照する事ができます。

この資料によると、iPhone 版 Safari でホームページを閲覧できるみたいです。 しかし、表示出来たからと言っても、iPhone の操作方法を考慮すると、パソコン用のホームページと同じでは不都合があるみたいです。 なぜならば、iPhone は指先で操作するからです。